通信についてお勉強をしましょう。

通信色々TOP画像

無線機の色々

トランシーバーについて

インカムって何だろう

ビジネスフォンについて

ビジネスフォンの選び方

電話加入権について

電話回線には種類があります

不法電波を知ろう

ホーム

サイトマップ

お問い合わせ

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。
お気軽にリンクを張ってください。
リンクを張る際には、連絡とかは不要です。
バナーをご利用の方は下のバナーをご利用下さい。

通信色々バナー

 

電話回線には種類があります

電話回線と聞くと一つの回線だけを思い浮かべると思いますが、実はいくつか種類があるのです。
それは、電話を使う人がどのように使いたいかによって、選ぶ回線が変わってきます。
FAXが使いたいとか、インターネットもしたいとか・・・
まさに様々です。そんな回線のことを少し説明をしてみたいと思います。

アナログの回線

これは、昔ながらの回線ですね。銅線を利用して、電話とつないでいるのですが、銅線はとても安いので、日本中に広がっています。
原理を簡単に説明をすると、糸電話と似たようなものです。糸電話では、糸が振動をして声を伝えていましたよね。アナログの回線では、銅線を振動させて、声が伝わるのです。
簡単な説明ですが、このようになります。
しかし、アナログ回線だと、色々と不便なこともあります。
まず、電話とFAXが同時に使う事ができないのです。1回線で一つしか引けないので、電話を使っていたら、FAXはつかえません。FAXを使っていたら、電話が使えないというような感じになるのです。
しかし、電話とADSLと言うような感じでは同時に使う事ができるのです。
また、アナログの回線だと、NTTの基地局などから遠くなると、音質などが悪くなってしまいます。これは、銅線が振動しているからだと考えて下さい。遠くになると、銅線の振動が弱くなりますよね。すると音質が悪くなるということなのです。

デジタルの回線

デジタル回線は、アナログと違って、電話をしているときでも、FAXを使う事ができます。
また、2つの回線で別の番号を取る事も出来るのです。
しかし、ADSLを使う事ができません。ISDNといわれる回線になります。
しかし、デジタルの回線は音質は悪くはならないのがいいところです。
銅線とは違って、振動をするのではなく、簡単に言うと、光の点滅で通信を行っているのです。
デジタルでは1と0だけで通信を行います。もしAさんがBさんに電話をしたとします。Aさんが話したことが1と0に置き換えられます。そして、Bさんの受話器からは声としてでてくるのです。1と0になるので、遠くに行っても音質が変わらないというわけなのです。
分かりやすく言いますと、1と0の列が遠くからこちらに来たとします。(110010101100010見たいな感じです)
遠くから来るので、多少は見えにくくなっているかもしれません。しかし、1と0しかないので、薄くなっていたとしても分からなくなるということにはならないので、結果として、音質が悪くなるという事にはならないのです。

今話題の光ファイバー

光ファイバーはすごいという事でかなりの注目を浴びています。
銅線などに比べると、早いし、容量も大きいということで、インターネットで結構使われていたりもします。
たしかに、光ファイバーはすごいです。光ファイバーを知らない人の為に少し説明をしたいと思います。
クリスマスになると、お店には、沢山のツリーが売られていますよね。その中に最近では、先端だけが光るものが出ててきています。見た事がありますか。透明な糸のようなものがあり、その先端だけが光っているのです。
これは、この透明のものの反対から光を当てると、逆側まで反射をして、先端から光が出てきているのです。
これと同じようなものが光ファイバーなのです。光ファイバーは、この糸のようなものがガラスで出来ています。
その中をこの世で一番早い光がとおっているのです。だから早いのですね。
また、抵抗が少ないガラスを使っているので、距離が遠くになってもスピードが遅くなる事が少ないのもいいことです。さらに、銅線の数百倍もある容量があるので、一気に沢山の情報を送る事ができるのです。
しかし、光ファイバーは高いです。これは残念な事ですが、高いのです。これがクリアできればさらに普及するのではないかと思います。

 

Valuable information

伊勢丹
http://isetan.mistore.jp/onlinestore/index.html

Last update:2014/10/29

▲ 上に戻る

 

Copyright(C)2008通信色々. All Rights Reserved.